自動車のガラスコーティングの魅力とは

自動車のボディーコーティングの中で、現在最も効果が高いといわれているのがガラスコーティングです。

皮膜の強さ、効果の持続時間、ツヤは他のどのコーティング方法よりも優れています。

ガラスコーティングは透明なガラスの被膜でボディの塗装の上を包み込んでしまう方法です。

特徴としてまずあげられるのは効果の持続期間が長期間であること。施工業者や使用するコーティング剤によって若干の差はありますが、概ね3年程度は効果の持続を期待できます。

効果の持続期間が長くて半年程度のポリマー系コーティングとでは、その長さは比べ物になりません。
また、皮膜硬度がとても優れていてボディーにキズが付きにくくなります。

汚れも付きにくくなり、水で流せば簡単に落とすことができるため普段の手入れも楽になります。

さらに、油脂を含まないガラスコーティングは自然なツヤをだしてくれる効果もあります。

千葉のコーティングの情報がてんこ盛りのサイトです。

ただ、施工費用に関しては他のコーティング方法に比べると高めです。

完全硬化するまで時間を要するために施工期間も1日では済まず数日必要となります。

新車を購入した時にディーラーに依頼して納車前にすませたほうが良いかもしれません。自分でガラスコーティング剤を購入してコーティングする方法もあります。

今、最も注目を集める千葉のカーフィルム情報なら、こちらをご参考にしてください。

費用は1万円前後なので業者に依頼するよりも少なくてすみますが、一度施工するとやり直しが難しく完全に乾燥するまでの期間はホコリや雨に気を使わなければならないのが難点です。



ガラスコーティングはやはり業者に依頼したほうが安心です。

ほとんどの場合、3年程度の保証がついています。